■ Search

■ Category
■ Latest Entry
■ Recent Comment
■ Archive
[SpaceA]atelier subaco 作品展「花をまとう生き物たち」
来週から始まる新しい個展のお知らせです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]atelier subaco 作品展「花をまとう生き物たち」
2019年3月20日(水)-4.1日(月)

春の訪れを待ちわびていた色とりどりのお花や生き物たち
人形やモビール、リースなど壁掛けのオブジェを製作しました
布から生まれた穏やかなの森の世界に、是非遊びにいらしてください
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ranbuでは久々の登場となりました。
atelier subacoさん。
とてもかわいらしい生き物や植物の作品を創るatelier subacoさんですが、
絵本から飛び出てきたようなというよりは、
作品が存在する空間を絵本の中の世界にしてしまう作品というほうがしっくりくる作品です。
布、フェルト、針金、様々な素材を巧みに操るatelier subacoさん、
まるで魔法をかけているかのようです。
出品予定の作品の写真が届きましたので少しご紹介です。



もう、ここは楽園でしょうか....?




凛とした表情がとても印象的な作品です。




ぜひみなさん、この物語の中へ足を踏み入れてみてくださいね☆
| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[2F]ranbu企画展「花の楽園」

なんだか少し春らしくなってきましたね。
こんな季節にぴったりな企画展を開催します。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[2F]ranbu企画展「花の楽園」
2019年3月13日(水)-31日(日)

森の奥にひっそりとある
誰も足を踏み入れた事のない花園があります
花達は毎日着飾り、葉っぱは凛とたたずむ。
きっと足を踏み入れた瞬間その美しさに
目をうばわれ息をのむでしょう

そこは色鮮やかな花達の楽園なんです
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
パッと視界も、気分も明るくなるようなそんな企画展を目指していますので
ぜひ足を踏み入れてみてくださいね。
早速参加者のご紹介です。

glass accessor tubu(ガラスに金属を合わせたアクセサリー)
ブランドアピール:glass accessory tubuはガラスと真鍮、銅などの金属で作った装身具です。
小さな火の中でガラスと金属を溶かし合わせて一粒ずつ製作しています。

-----------------------------------------------------------
kurome(くつした)
“お気に入りのくつしたで、おでかけはもっと楽しくなる”
「履くと靴がきつくなる」ということがないよう、スルッと履けて、
サイズに響かない大人のスタイルに合わせたくつしたを製作しています



-----------------------------------------------------------
*tae*(糸のアクセサリー)
タティングレースの技法で編む糸のアクセサリー。
どこかアンティークのようで…それでいて新しい、そんな雰囲気が楽しめる手作りのアクセサリーです。



-----------------------------------------------------------
nao candle(キャンドル)
キャンドルの中にお花や植物を閉じ込めたボタニカルキャンドルを中心に制作しています。





-----------------------------------------------------------
ポンチセ(ステーショナリー)
ポンチセはイラストレーター今井有美のオリジナル雑貨レーベルです。
花や草木、野菜などの植物や身近にいる小さな動物をモチーフにシンプルな雑貨を企画・制作しています。 


少し早い春をぜひ感じてくださいね☆

| ranbushop | 企画展のお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]中川洋子の器展

水曜日から始まる個展のお知らせです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]中川洋子の器展
2019年3月6日(水)-18日(月)

今回の展示は、目つきの悪いうさぎの絵皿と自作の印を使った陽刻の皿がメインになります。
どちらも1点物になります。
陽刻の方は印を使ってますので重なりはありますが印の組み合わせを変えてなるべく同じものが無いように造っています。
絵付けのマグカップと蓋物、陽刻の豆皿も並ぶ予定です。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

細かい絵柄の優しい表情の作品と、くすっと笑ってしまう、なんとも言えない表情の動物が登場する作品。

どちらの作品も一度見るとずっと心にに残ってしまいます。

 

白やうっすらグレーブルーの色にシンプルなかたちの器。
一点一点違う絵柄のは、どれも見ていて温かくそして

手にすると美しく、とても優しい気持ちになる器です。


昨年、お皿を1枚購入させていただいたのですが、なんといってもご飯を作るのモチベーションが上がります。

普通なら、このメニューだからこのお皿にしよう☆となるのですが、

音や中川さんの作品は、特別な日に

「このお皿を使いたいから、何にしようかな〜」

とお皿先攻で考えてしまうんです。

毎日すっと使えるぐらいに料理も上手になるといいのですが....

 

出品予定の作品の写真がとどきましたので、少しご紹介です。

 

どれも素敵な作品ですよね☆

今回は、カップなども届くようですので、楽しみでなりません!

皆様もぜひご覧くださいね。

 

ranbu

JR「大阪」駅中央北口、地下鉄「梅田」駅3〜6番出口、阪急「梅田」駅茶屋町出口から徒歩10分

大阪市北区大淀南1-4-20 長谷川ビル202,301
tel:06-6345-7122
営業時間:12:30-19:30定休日:火曜日

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]コロロ硝子個展「春に降る雪」

来週から始まる個展のお知らせです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]コロロ硝子個展「春に降る雪」
2019年2月27日(水)-3月4日(月)

パートドヴェールという技法を使い、ガラスの中に空想の世界を閉じ込めました。
記憶の片隅をくすぐる、どこか切なく懐かしいノスタルジックな景色を切り取った小さなかたまり。
手作業で一つ一つ、丁寧に磨き上げて制作しています。
ぜひ、ガラスの中の世界をのぞきに来てください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ガラスの中にぎゅっと世界を閉じ込めたコロロ硝子さんの作品。
どの角度から見ても美しく、光の当たり方によって表情を変える。
初めて作品を拝見した時には、時がとまり見入ってしまいました。
作品の写真が届きましたので少しご紹介です。




氷の中?海?コスモ?物語の中なのか、想像がとまりません。

コロロ硝子さんの作品ですが、たくさんの数を制作することができません。
ですので、今回はオブジェ作品はお一人様1点とさせていただきます。

ぜひ小さなガラスの中の世界をご覧くださいね。

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]ranbu presents「暮らしを彩る」

今日はしとしと嫌な雨ですね。

スタッフと、今年は新たな試みやただただ楽しいだけのこともしたいね〜なんて話をしているのですが

それの第一弾です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]ranbu presents「暮らしを彩る」
2019年2月20日(水)-25日(月)  ※開催中

毎日を生“生きる”ということはとても難しい
余裕やゆとりをもった暮らしといおうものに憧れや願望はあるけれども
私たち雑貨店ranbuはが提案するのは、
余裕のある暮らしではなく

お気に入りの場所
自分を愛おしく思う瞬間
空想にふける時間

見方を変えると毎日の暮らしは物語に変わります

今回、昨年ヨーロッパで買い付けてきた生地を使って
ルームシューズを作ってみました。
皆様のお気に入りが1つでも増えますように
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨年、ドイツやベルギー、オランダで買ってきた生地を使ってルームシューズを作ってみました。

カラフルな色と可愛らしい模様。

海外の生地は本当にかわいい。

誰に見せる訳でもないのですが、

家に帰ってきた時に自分だけのお洒落をするのもいいなと思うんです。

たくさんのルームシューズとお待ちしていますので、ぜひご覧くださいね☆

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceB]藤田商店個展「森の入り口」

水曜日から始まる個展のお知らせです
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceB]藤田商店個展「森の入り口」
2019年2月20日(水)-3月4日(月)

森のドアをあけると動物たちの世界が広がっていました。
藤田商店の作る月や星や動物たち、
よかったら見にいらしてください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
物語がたっぷりつまった藤田商店さんの作品。

“なんでもやりすぎはよくなくて、程いいが丁度いい。”

まさに藤田商店さんの作品はそんな感じで
かわいいけど、かわいらしいとは違い
ファンタジーだけどメルヘンではない
シンプルなラインに愛らしい表情

それがとてもバランスが良く、見る側の想像を刺激する。
その想像が、心をぎゅっと掴まれる可愛さになり虜になる
少しだけ作品のご紹介です。






もう、たまらないですよね。
ぜひ藤田商店さんの物語のページをめくってみてくださいね。

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[2F]ranbu企画展「鏡の中の世界」

来週から始まる企画展のお知らせです。
モノクロとゴールドとシルバーだけの色の世界。
時間が止まったような、物語の中に入り込んでしまったかのような感覚に陥る企画展にしたいなと思っています。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[2F]ranbu企画展「鏡の中の世界」
2019年2月20日(水)-3月10日(日)

そっと鏡に手を当ててみる
“向こうへ行ける”
吸い込まれていったその先はモノクロの世界。
あるのは金と銀。
まるで時間が止まったかのような不思議な世界に息をのむ
全国から手作りの作品が集まります。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【参加者】
KANAME KO-BO(うつわ・磁器のブローチ・ヘアゴム)
動植物をモチーフにしたうつわを制作しております




-------------------------------------------------------------------------------
caco(ガラスのオブジェ)
ガラスの欠片を組み合わせて作品つくりをしています

-------------------------------------------------------------------------------
はしながようこ(絵と雑貨)
極細のボールペンで点々と絵を描いています。
モノクロだけれど淡く繊細な、心のなかの風景や物語。
絵をつかったモビールや紙雑貨なども出品予定です。



-------------------------------------------------------------------------------
Songbreeze(ヴィンテージボタン、ビーズなどを使用したアクセサリー)
ことばで表現出来ないものを創ります。
意識するものは、アートがもつコミュニケーションの力です。
私にとっての"アート"とは、人が無意識に発するエネルギーの様なもので、感じる人どうしのコミュニケーションそのものだと思っています。
それは、住んでいる場所や時代が違っていても、お互いが通じ合う事ができる友だちの様であったりもします。
 私を元気にしてくれる、いろいろな素材達…ビーズ、ボタン、絵具、粘土は、私の手によって形を変えて、新しい世界に旅立っていきます。



-------------------------------------------------------------------------------
TenderHead(ステーショナリー、アクセサリーなど)
やわらかいあたまで、てづくりをたのしむ。
名古屋にて、てづくりのためのショップを出店しております。
今回はペン画のイラスト作品をお届け致します。


-------------------------------------------------------------------------------
courircourir(針金アート)
一本のモノクロの針金から創りだされる物語を連想させるような作品を
お届けします。シンプルで無機質な素材が、生活にそっと寄り添えるカタチとなりますように。




-------------------------------------------------------------------------------
FILL accessory.(イヤリング、ピアス)
1点1点テグスでパーツを土台に付けていき製作。
接着だとパーツ取れ、パーツ外れなど、少し心配もありますが、テグスで縫い付ける事でしっかり安定します。
ヨーロッパ、フランス、アジアの輸入パーツや、100年前〜30年前のvintageパーツなど、さまざまなパーツを組み合わせる事で全く同じものは無いように1点モノのアクセサリーとしてデザインしております。


-------------------------------------------------------------------------------
ぜひ色のない世界に迷い込んでみてくださいね。

ranbu
大阪市北区大淀南1-4-20 長谷川ビル202,301
tel:06-6345-7122
営業時間:12:30-19:30
定休日:火曜日
Twitter:@ranbushop instagram:@ranbushop

| ranbushop | 企画展のお知らせ | comments(0) | - |
【online shop】mooliさんのミトンを掲載しました

今日は寒いですね。
今が真冬だ!と感じる毎日にぴったりな作品をonline shopに掲載しまた。
mooliさんの手編みのミトンです。
mooliさんのミトンはかわいいだけでなく、とても暖かい。
それは、手編みでぎゅっと編んでるかなのか、気持ちも一緒に入っているからのか、
可愛いものを身に付けてテンションが上がってしまうからなのか、とても暖かい手袋です。

少しご紹介です。
まずはこちらのねこミトン。


表情も柄もかわいいこのミトン。
身につけるともっとかわいく見えます。
こんな感じです↓

そして、他のミトンも少し掲載しました☆





寒さをしのげればいい、とりあえずで買ったものを使っているとなりがちな
手袋ですが、molliさんの手袋は、やはり特別です。
コートの袖からちらちら見えるのがかわいいですし、ついつい手を広げてみせたくなる。
冬だからこそのアイテム、ミトン☆
ぜひこだわってみませんか?

詳細はこちらです→

| ranbushop | online shopの更新 | comments(0) | - |
[SpaceB]nicori個展「夜のかけらをひとつだけ」

水曜日から始まる個展のお知らせです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceB]nicori個展「夜のかけらをひとつだけ」
2019年2月6日(水)-18日(月)

nicori の初となる大阪での個展を開催させていただきます。
キャンドルは灯せば時間と空間を演出してくれます。
夜、ひとりひとりそれぞれの幸せな時間を過ごしてもらえるような
アロマキャンドルを制作しました。
どうぞお楽しみいただけますように。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
置いとくだけでもうっとりきれいなnicoriさんのキャンドル。
キャンドルを付ける習慣がないという方にとって、
キャンドルを付けるというのは、日常ではなく、お洒落な生活と感じるようですね。
ですが、実はとても簡単に生活に取り込め、日常を少しだけ変えてくれます。
1週間ぜひご飯を食べる時にキャンンドルを灯してみてください。
ご飯を食べ終え、晩酌をするときでもいいです。

簡単です。
食卓に置いていて、食べる時に付け、ご飯を終得た時に消す。
そうすると、キャンドルがないとなんとなく心寂しくなる。
火を灯すとホッとする自分がいることに気がつく。
日常にすっと入ってきてくれます。
nicoriさんの作品はまず、置いているだけでもうつくしいですし、
蓋を開ければ香ってくれるので、まず、使っていただくには
とてもオススメのキャンドルです。
少しご紹介です。



この寒い冬にそっと火を灯すとまるで雪の下で植物達が準備をしている声がきこえてくるようです。
こんなシャーレに入ったキャンドルも☆

ぜひこの幻想的なnicoriさんのキャンドルの世界をお楽しみくださいね。

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
ArtMACHI Musseum2019開催いたします
さていよいよこの時期がやってきました。
ranbuでは、ArtMACHI という名前でお店の周りでアートイベントなどを開催しています。
今年もアーティストやクリエイターの集まる

「ArtMACHI Museum 2019」

を開催いたします!
このイベントはこだわりを持ち、モノ創りに真剣に取り組む創り手が対面販売するイベントです。

私たちは、委託やイベントの募集というのは一切しておりません。
もちろん、待っているのではなくて、動くという事を大切にしたい気持ちと
私たちが作ろうとしている世界にこだわりを持ちたい気持ちもあります。

それともう1つ、海外のものも取り扱っておりますが、お店には殆どが手づくりのものです。
この、人が作っている、私たちが扱っているものの後ろには必ず人がいる、
つまり人ありきのものだという事を忘れずにいたい

という想いがあります。
もちろん、主役は、参加者の創り手のみなさんです。
どんな想いで作っているのか、どんな人が作っているのか、ぜひ知ってほしい。
そう想い、このイベントを始めました。

個性やこだわり、創り手の想いが皆様に届きますように。
----------------------------------------------------
現代、とても便利な時代へと変化を遂げて来ました。
どこにいても、好きなものが好きな時に手に入る一方、
無くしたくないもの・・・
人の温もり、こだわり、そして想い
ただモノじゃない、その裏側に“人”がいること。

モノ創りをするアーティストやクリエイターが全国から集まります。

日時:2019年4月6日(土)、7(日)
時間:11:00-18:00(30分前まで入場可)
場所:梅田スカイビル タワーイースト36F
入場料:500(前売り350円)
※小学生以下は無料です
----------------------------------------------------
今回のメインビジュアルは壁画アーティストの今川咲恵さんが作ってくれました☆

今川咲恵 Sakie Imagawa
全国各地のお店や学校、施設などの壁画を描いています。
壁、シャッター、ドア、家具など・・・なんでも、普段なにげなく側にある物や壁に好きな絵を描くことを壁画とよんでいます。
絵と一緒に暮らす楽しさがいろんな人に伝わりますようにと願いながらお絵描き活動しています。
HP https://sky.ap.teacup.com/sakue

全国様々な所の壁画を描かれる、今川さんですが、
今回、新たに作ったアートスペースで素敵な写真が撮れる空間も作ってくれます。

お恥ずかしい話、私はこのような仕事をしながら、
アートや芸術は好きでして、
美術館へ行ったり本を読んだりはしますが、
芸術と言うものが何なのか、小難しいことは分かりません。

今川咲恵さんに出会い、私はすっかり彼女と彼女の作品のファンです。
楽しいんです。
心がときめくんです。
夢の中へ連れて行ってくれるんです。
悲しい事も辛い事も忘れて、昔描いた夢の世界へ連れてさっと行ってくれる
まるで白馬にのった王子ままのようです。

ぱっと咲く力強く明るい今川咲恵さん。
今回も彼女らしいとても明るいビジュアルを作ってくださいました☆
アートブースのご紹介もまたしますので、是非チェックしてくださいね。

ranbuの作家さんや企画展にご参加いただいた作家さん達も遠方からやってきてくださいますよ☆

参加者のご紹介や詳細はこちらでチェックしてください
HP→
参加者→
Twitter→
instagram→
| ranbushop | Art MACHI | comments(0) | - |
■ Profile
■ Links
■ Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>